安心の車査定|相場の確認で高価買取に期待

自家用車

ADが人気の高い理由

自家用車

ADの中古車価格

商用車として名高い車といえば、日産から販売されたAD。誕生したのは2006年なのですが、車名が少しだけ違うだけの、まったく同じタイプの車が以前から存在していました。ADは、その車種を車名を改めて引き継いでいる車ですので、そのルーツを辿れば、誕生は1982年ということになります。新車で購入できるADですが、中古車も購入可能です。そして、中古車の流通台数は、多めだと言えるでしょう。中古車の販売価格は現在のところ、安いもので20万円程度、高いもので130万円程度であり、平均価格は60万円程度です。当然、年式が新しい中古車の価格の方が高くなります。ちなみに、新車の販売価格は122〜176万円程度です。

カスタムベース車という役割

商用車として実用性も信頼性も高いADは、ドライバーにとって運転しやすい車と言えるでしょう。ただ、商用車は、一般の人には馴染みの薄い車、つまり、一般の人の購入の選択肢には入らない車であることも確かです。しかし、商用目的ではなくても、ADを購入している人はいます。もちろん、購入動機は人それぞれですが、比較的多く見受けられるのが、カスタムベース車として購入する人です。車の楽しみ方の1つに、カスタムがあります。但し、カスタムするためには当然、費用がかかってしまいます。そこで、車の購入費用を低く抑えてその分をカスタムに投じるという人がいるのです。しかも、ステーションワゴンのカスタムは、以前よりある一定の人気があります。ですから、ADはカスタムベース車として人気があるのです。